住宅ローンがあってもクレジットカードは

住宅ローンがあってもクレジットカードは

住宅ローンでかなりの負担があるとしても、クレジットカードを発行してもらうことは可能です。
住宅ローンとは、そこまで借金の性質としては、悪くないからです。
ですから、住宅ローンがあったとしても別にクレジットカードに関しては、特に制限はないのでそれは安心してよいです。
但し、使い過ぎることはさすがに避けたほうが良いです。
これはクレジットカードが原則的に後払いであるからです。
デポジット式の物ありますが、そもそも原義としてクレジットとは信用と言う意味があります。
ですから、デビットカード系はそこまで一般的とは言い難いですし、亜種に近いといえます。
ともかくとして、住宅ローンという言い方を換えれば多額の借金を負っている人であっても、それは目的ローンであるから、極端に悪い評価を受けるわけではない、と言うのは知っておくべきです。
但し、そちらの返済にやはり負担が行くわけですから、クレジットカードなどの信用買いをするのは、控えるべき状況であるとも言えます。
個人の分限の話になりますが、借金があるうちは、あまり信用で買い物をしないのが賢明ではあります。
しかし、クレジットカードはキャッシュレスを目的に使うこともあります。