住宅ローンで生活苦にならないように

住宅ローンで生活苦にならないように

多くの家族の夢の一つに、マイホームを持つことが挙げられます。
賃貸ではなく自分たちだけの家というのは、それだけでも心のよりどころとなります。
ただし、住宅の購入は一生涯の中でも何千万円という大きな金額になりますので、殆どの家庭で住宅ローンを利用するのです。
夢が叶うとなれば誰もが喜んでローンを組みたくなりますが、そこで一度考えましょう。
安易に住宅ローンを組んだ場合、返済のために他の生活費が回らずに生活苦になってしまう事もあります。
金利が下がっている今がチャンスだと言われてしまうと、お金に詳しくない人だと理解できずにそれなら今購入しようと考えてしまいがちです。
また、申し込んだ時にはそれほど返済も負担に感じていなかったとしても、転職や病気、怪我など想定していなかった事態が起これば収入も変わって生活苦になりうる事もあります。
住宅ローンの返済が滞るかもしれないとなると、最終的にはせっかく購入した我が家も手放さざるを得なくなります。家が欲しいから購入するというのも良い事ですが、返済に苦しんでは意味がありません。
ローンを組む前には家族で話し合い、生活苦にならないようなゆとりのある資金計画が出来るかどうかを考えましょう。