住宅ローンを組んでいるとしても投資は

住宅ローンを組んでいるとしても投資は

投資をするのは基本的には良いことです。
ですが、他に借金があるならば避けたほうが良いときもあります。
それは個人の考え方次第でもありますから、一概に言えることではないです。
しかし、借金といっても住宅ローンなどであれば大したことはない場合もあります。
何故かといいますと住宅ローンはそもそも予想が出来る返済であるからです。
大凡ではなく、しっかりといつまでの返済である、というのがはっきりとしています。
それ以上の分は投資に回すことが容易にできます。
繰越返済をしたほうがよい、という考えもありますが、必ずしもそうではないです。
むしろ、投資をすることによって利殖して、その分を返済に回すほうがよいことも多いです。
住宅ローンの分が確保されており、その上で利殖をする余裕があるならばやる価値はあります。
物凄く成功をすると一気に住宅ローンを返すことができる可能性もあります。
極めて低い可能性ではありますが、投資にはその魅力があります。
株式投資などであれば現物にしておけば、そこまで大きく損をすることも少ないですし、安定している所を買えば、リスクが低いです。
リスクヘッジもよくやって、上手く利殖を進めていくことがお勧めできます。