ゼロ金利時代の住宅購入

ゼロ金利時代の住宅購入

現在は金利が非常に低くなっておりゼロ金利とも言われています。
住宅ローンを利用してマイホームを購入するチャンスかもしれません。
住宅ローンを利用するときは固定金利型か変動金利型のプランを選択する必要があります。
固定金利型は返済終了まで金利が変わらないので安定した返済プランを組むことができます。
長期にわたって返済を続ける予定の人に向いています。
変動金利型は固定金利型よりも金利が割安という長所があります。
その反面、将来金利が上昇した時に住宅ローンの返済が家計を圧迫する可能性があります。
現在ゼロ金利だと言っても何十年後のことはわかりません。
変動金利型のプランは短期間で返済を終わらせる人や収入が増加したら繰り上げ返済をするつもりの人に向いています。
また、ゼロ金利だということは景気が良くないということを意味しています。
住宅を購入しても大幅な価格上昇は見込めません。
それどころか買った時よりも下落する可能性が高いです。
転勤などがあってマイホームを売却するかも知れない人は、この点も考慮に入れたほうが良いでしょう。
売却してもローンの残額に足りない場合は、家計が苦しくなることが予想されます。
状況によってはゼロ金利だからといって安易にマイホーム購入をしないほうが良いです。