住宅ローンを出来るだけ最低金利で借りる

住宅ローンを出来るだけ最低金利で借りる

住宅ローンとは、長い人では35年、短い人でも10年は組むことになります。
10年と言うのはなかなかないレベルで短いです。
殆どの場合、20年か25年程度を目標にします。
いうまでもなく、短いほうが利息の支払いが少なくて済むわけですから、メリットは大きいです。
それもよいことではありますが、まずは出来るだけ最低金利で借りることができるところを選別するべきです。
ほぼ住宅ローンと言うのはバブル崩壊後から下降の一途といっても過言ではないです。
最低金利といっても、既に地を這うような金利になっているところも多いです。
しかし、その中でもやはり優劣はあります。
僅かコンマ1パーセントの違いでも安いほうが良いですから、色々と金融機関を回り歩くのが基本であるといえます。住宅ローンは貸してくれるところが意外と多くあります。
銀行はもちろんですが、信用金庫、組合、或いは企業などでは自社で貸付をしていることがあります。
この場合は特定の条件がつくことが多いですが、兎に角、最も最低金利で貸してくれるところにするのがベストです。後は注意するべき点としては、ボーナス払いです。
確実に出るわけではない時代になっていますから、余裕はあったほうがよいです。